投稿日:

違法と認識されるケース

カジノカフェは運営自体が認められない

カジノカフェは運営自体が認められない

オンラインカジノを活用して、店舗を運営していくことは法律で禁止されています。カジノというのがギャンブルで認められていないこともあり、日本国内で運営しているカジノのサービスはすべて違法扱いになります。闇カジノが摘発できるのは、ギャンブルを違法に行っているからです。
オンラインカジノを利用している場合でも、日本国内で日本人がギャンブルで遊び且つお金のやり取りをしていると判断されている場合、逮捕できる仕組みとなっています。店舗として営業していた場合、違法なギャンブルと判断されてしまうのです。

個人利用だと逮捕は困難

オンラインカジノについては、立証することが非常に困難になっている部分もあるので、逮捕されることがほぼありません。合法と言われているわけでもありませんが、違法として判断されていることもない状況です。個人的に遊んでいるようなら、オンラインカジノで証拠が残されていたとしても、海外のサービスを使っていることもあり逮捕できる証拠が取れないのです。
でも、カジノカフェには証拠が山のように残されています。オンラインカジノで遊んでいることのデータは残されていますし、お金の清算状況なども簡単にわかるようになります。しかも、カジノカフェでオンラインカジノを行う行為そのものが、違法として扱われる可能性が高くなっているので、逮捕される可能性が高いのです。
個人的に遊んでいるだけなら、オンラインカジノでおかしな問題が起きることはほぼないのですが、カジノカフェで遊ぶと逮捕される可能性が高まってしまうと考えてください。

オンラインカジノの証拠を残すことが問題に

オンラインカジノの証拠を残すことが問題に

カジノカフェは、お金の清算を日本国内で行ってしまうので、証拠が日本国内に大量に残されるようになります。ギャンブルの場合は、お金のやり取りをして初めて逮捕できるかどうかが判断されるのです。逮捕される理由に該当していると思われれば、摘発を行っていくのは当然のことでしょう。
証拠を残していくことがカジノカフェは多いこともあり、ユーザーは遊んでいるだけで逮捕される可能性が高くなってしまいます。さらに、ユーザーの中には大金を受け取る場合もあるので、何らかの証明をカジノカフェから受け取っている可能性もあります。お金を受け取る行為が日本国内で起きてしまえば、逮捕されてしまうのは仕方ないのです。
運営している側は巧妙に隠したいと思っていますが、警察の目は厳しいもので、すぐにばれてしまいます。

個人で登録できないオンラインカジノも

今のオンラインカジノは、個人で登録できるシステムが採用されているので、簡単にアカウントを作成できます。個人的にオンラインカジノのアカウントを使い、ゲームを遊んでいるのは合法ではありませんが、違法と言える状況でもありません。
摘発されているカジノカフェというのは、基本的に個人的にも登録できるオンラインカジノを使っているケースが多いのですが、中には店舗でしか登録できないようなオンラインカジノを使っていた事例もあります。

店舗などの特殊な人しか使えない

過去に作られていたオンラインカジノですが、個人的に登録することができず、店舗でアカウントを作成しないと遊べないオンラインカジノもありました。すでに閉鎖されているビッグジョイカジノが該当しているところで、特殊な方法を使わないとゲームに必要なデータを得ることができません。個人に向けてデータを配布していないこともあり、ビッグジョイカジノは個人で利用できないように設定されていたのです。
カジノカフェは、店舗でしか使うことのできないオンラインカジノと提携していることで、個人では遊べないようなギャンブルを提供していた部分もあります。10年ほど前は、そもそもオンラインカジノについて知られている部分も少なかったことに加えて、今のようにオンラインカジノの選択肢が多いわけでもなかったので、結局店舗で行っているオンラインカジノを遊んでしまう人が多くいたのです。
特殊な形式を採用していたオンラインカジノですので、一般的に利用できるオンラインカジノよりも遊びやすいと思うかもしれません。しかし、実際には滑らかに動くようなことがなかったりと、今のオンラインカジノよりもいいサービスを提供しているわけではありません。

特殊なオンラインカジノだろうと違法は違法

特殊なオンラインカジノだろうと違法は違法

カジノカフェについては、どのようなオンラインカジノを使っても違法に判断されます。基本的に、日本ではギャンブルは認められているものだけが利用できて、違法に判断されているものはすべて禁止されています。カジノカフェの場合は、オンラインカジノのお金を日本国内で清算していたことが原因になり、違法の判断を問えるようになっています。
今では、オンラインカジノのサービスは特殊なものは利用されていないので、個人的に使えるオンラインカジノであれば違法の判断をされることはほぼありません。しかし、カジノカフェとして提供してしまえば、今でもオンラインカジノでギャンブルを行わせたことで違法に問えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です