投稿日:

オンラインカジノで遊べるテーブルゲーム

オンラインカジノのバカラについて

オンラインカジノのバカラは、テーブルゲームの一つです。
トランプを使ったゲームで、ディーラーが進行をするゲームです。
オンラインカジノの中でも人気が高いゲームで、本場のカジノでも満席になったり、VIP専用ルームが用意されていることが多いです。
バカラは、日本人プレイヤーにも人気で、ギャンブル好きの方がはまりやすく、最高のゲームとも称されてるのです。

バカラは大金が動くゲームともいわれており、中には驚異のベット額で賭けるプレイヤーもいて、数億円を一気に溶かす方も居ます。
何かとニュースでも話題になりがちな、バカラの詳しい特徴について見ていきましょう。

バカラの基本的な遊び方

バカラの基本的な遊び方ですが、まずはプレイヤーは9に近い数が出る方を予測するという遊び方になります。
プレイヤーもしくはバンカーに賭けるのですが、当たれば賞金額が倍になります。
引き分けになった場合には、払い戻しがされることになりますが、最初から引き分けに賭ける事も出来て、もしもこれが当たれば、大穴ということで、9倍になります。

また、そのほかにも、ペアやビッグ、スモールにも賭けることが出来ます。
いずれかに賭けることが出来るというわけではなく、全てに一通り賭ける事も出来ますし、複数の場所に賭ける事も出来ます。

バカラの魅力とは?

バカラには、さまざまな魅力があります。
まずは、バカラというゲームはオンラインカジノの中でもハウスエッジが非常に低く、実に1%台という優良ゲームとなっています。
つまり、それだけ勝ちやすくチャンスに溢れているゲームなのです。
またとにかくはまり込みやすいゲームで、死ぬまではまり込む人もいるほどです。

ルールを特に知らなくても、初心者でも予測することが可能で、罫線を使って予測をしたりカードののぞき込みなどのしぼりを使う事で、より一層ドキドキ感が強くなります。
ルールがシンプルで、ルールを知らなかったとしても勝敗に影響しないという点でもおすすめです。

まずは無料ゲームをプレイしてみよう

バカラは、ややこしいルールや複雑なシステムはありませんので、とにかく実践をこなしてみるという方法がおすすめです。
オンラインカジノでは、バカラの無料ゲームが用意されているので、無料でまずはお試しプレイで実践を積むことが出来ます。

こういった無料ゲームで遊ぶことで、初心者でもポイントを掴むことが出来ます。

オンラインカジノでのブラックジャックの存在

オンラインカジノの中でも、ブラックジャックは最も人気のゲームの一つとなっています。

ブラックジャックは、戦略を駆使して手堅く勝つことが出来るゲームです。
オンラインカジノのゲームには運要素が強いゲームが多いですが、ブラックジャックはある程度プレイヤーの技術が入り込む余地がありますので、戦略次第では手堅く勝てるというメリットがあります。

また、人気の理由として、オンラインカジノのブラックジャックはハウスエッジが低く、1%台というハウスエッジとなっています。
かなりの勝ちやすいギャンブルですし、実際にランドカジノではプロフェッショナルプレイヤーも存在していて、ブラックジャックで賢く勝つプレイヤーもいます。
工夫次第では、勝てる可能性が非常に大きいゲームとなっています。

ブラックジャックのルールの特徴

ブラックジャックというゲームですが、主にトランプカードを使ったゲームとなっています。
トランプをプレイヤーとディーラーが引き、そして21に近い数をだした方が、勝ちという形になります。
21を超えない範囲で近づける必要がありますのですが、この基本のルールは変わらず、カジノによって細かいオプションなどは変わってきます。

ゲームの流れについて

オンラインカジノのブラックジャックでは、まずはプレイヤーとディーラーにそれぞれカードが2枚ずつ配られることになります。
ディーラーの方のカードは一つだけカードが表に向けられた状態になっています。
プレイヤーはそれをみて、もう一枚カードを引くかどうかを決定します。

カードを引くことをヒットと呼び、そのままにすることをスタンドとします。
もう一枚カードをめくるかどうか、その点を考えることがプレイヤーには必要ですので、これがブラックジャックの醍醐味となっています。

また、そのほかにもダブルダウンといって、賭け金を倍にしてもう一枚引くというものや、スプリットといって、同じカードが2枚来たときに分けるということも可能です。
しかし、合計値が21を超えてしまった場合は、バーストで、その時点で負けが決定となってしまいます。

ブラックジャックでの数字の数え方

ブラックジャックでの数字の数え方ですが、主に1が1もしくは11となります。2~9がそのままの数え方になり、10が10点、そして絵柄も10点となります。
このあたりの数え方はバカラにもよく似ているので、バカラを知っている方はなじみやすいといえるでしょう。