かつて存在したインチキスロット

かつてのオンラインカジノは、色々なことができるとされていました。運営している会社が勝手にソフトを導入して、プログラムの変更さえ行なっていたこともありました。これらの問題は大きなトラブルを生み出していましたが、最近規制されてできなくなり、ソフトウェアを提供している会社が勝手な変更ができないようにしていました。かつて行われていたのは、スロットなどの的中率を変える方法でした。

的中率を変更して当たらなくする

イカサマゲーム

一番簡単にできたインチキというのは、的中率を下げてしまうことです。的中率はソフトウェアで設定されているのですが、この設定を変更して当たらないようにしておくことで、利用しているユーザーが何度回しても大きな的中をすることができず、払う金額を絞り込むことができます。こうしてお金をオンラインカジノ上に残すことができれば、それだけ得をしていることがわかるのです。
こうした方法を採用したオンラインカジノは、利益を上げることには成功していました。しかし的中しないことが分かっていたので、ソフトウェアの情報などを検索され、公開されたことで色々と問題になってきました。ついにはユーザーが離れることになり、当たるところへと移動したことにより、次々とインチキをしていたオンラインカジノは消えていくことになりました。
このような方法を採用したことは、一時的なメリットと引き換えに代償が非常に大きなものとなっていたのです。そして規制されることになり、行なった場合はオンラインカジノ自体の信頼性が失われ、ライセンスも無くなることになったため、現在は多くのオンラインカジノはインチキを止めるようにしています。

インチキスロットでも当たることはあった

インチキスロット

的中率を下げていたこともありますが、大きな的中はそれ以前にあまり当たらなかったので、結果的に操作されていなかったこともあります。大きなものが突然出ていたことはあり、得をしていたユーザーもいました。ただ成功している方法ではありませんから、オンラインカジノでは少数しかこの恩恵を受けられなかったのです。
取りやめて以降は、ユーザーが安心して遊べるようになりましたが、今でもスロットではインチキをされていると伝えているところもあります。これはおオンラインカジノの情報が以前のものとなっており、現代のオンラインカジノとは違った視点で見ているのです。
当たったことはありましたが、厄介なものとして利用されていたことは信頼性に影響があったのです。