オンラインカジノが違法とみなされるポイント

合法に近い状態でプレイできるオンラインカジノと言っても、違法と気づかれる要素はかなり持っています。その1つがライブゲームです。このゲームはライブ配信されているため、利用しているユーザーだけでなく、参加していないプレイヤーも見ることができます。実は実際に潜入捜査を行っているケースがあり、違法なプレイヤーがいないかをチェックされているのです。

ライブゲームで日本人がプレイしているとわかれば判断できる

日本人がプレイ

海外のサービスまで摘発することはできませんが、ライブゲームで何かをしていることがわかっているなら、単純賭博をしていると判断されて逮捕できる仕組みになっています。このオンラインカジノを利用して、実際に賭け事をしていると判断されている場合は、逮捕して取り調べを行うことになります。そして取り調べの結果、オンラインカジノ側に問題があるようなら摘発なども考えているのです。
日本人がプレイしているとわかるのは、日本語のサービスが用意されているためです。最近は日本人も利用する傾向が強くなっていて、これによって情報を提供しやすくなっているのですが、逆に言えば気づかれる要素は増えています。特にライブゲームは大きな要素を持っています。

やり取りしているところを見られる

やり取りを見られる

ライブゲームについては、参加していない人も見ることは可能になっています。どのような状況になっているか、参加できる状況が生まれていないかを判断することができて、最終的に入れるようなら入るという方法を取ります。ライブゲームは参加者を限定して行っていることも多いのですが、空いているところが出ている場合は入って貰う人を待っていることが多いのです。
待ち時間の間はゲームの内容を確認することができて、ここで現在の状況を把握することができます。ユーザーの情報を調べることもここで可能になっているので、警察が潜入捜査をすればわかってしまうこともあります。

ライブゲームを避けて利用したい

ライブゲームは避けてプレイ

いいゲームとされていることはわかりますが、ライブゲームを続けていたことで気づかれることもあります。そこでライブゲームを避けるようにして、他のゲームを主体にする方法もあります。
これによってプレイしてはいけないゲームを決めて、気づかれにくい状態を作ることができます。気づかれないまま続けていれば、とりあえずオンラインカジノを利用して違法なことをしたと判断されることはなく、続けてプレイしても大丈夫です。